快眠バランス療法を受けるメリット

快眠バランス療法は、みなさんのお悩みの症状の原因を判別し、パワーの充電、5つのエネルギーバランスの調整により自律神経のバランスを整え、脳内睡眠・覚醒リズムを変容させ、睡眠の質を改善します。

1.睡眠の質が改善されます

快眠バランス療法により、自律神経バランスが調整されるので睡眠の質が変化し改善されます。

2.睡眠の質の改善により、みなさんのお悩みの症状の改善が期待できます

当院が、得意とする疾患は次の通りです。
不眠症・五感の過敏による症状・自律神経症状(のぼせ、ふらつき、めまい、動悸、情緒不安定など)・肩こり・慢性腰痛・慢性疲労などです。

「快眠バランス療法」の適応疾患は、不眠症だけではありません。
 > 適応症状・疾患の詳しいページへ

3.不眠症・痛み・症状の「原因」や体のどこに負担がかかっているかわかる

当院では、独自の検査法により「なぜその症状があらわれるのか?」原因を判別し、体のどこに負担がかかっているかご説明します。

さまざまな症状・疾患(当院の適応疾患参照)の原因をご説明いたしますが、痛みのある場所が、原因であるとは限りません。
皆さんがご自身で考えている原因とは、多くが異なるためご理解していただくことがとても大切です。

また、当院の施術適応疾患外のもの、原因不明のものについては、医療機関をおすすめいたします。

4.五感の過敏の施術・バランス調整ができます。

当院では、五感の過敏状態を判別して、調整することができます。
肉体・思考・感情の緊張を開放し、睡眠の質を改善し、日常生活を安心してゆったりと過ごせるように施術します。

五感の過敏は、私たちには認識しづらいものですが、私たちの思考や感情エネルギーにとても大きな影響をおよぼします。
ゆえに、五感のバランス調整は睡眠の質を向上させるため、またはお悩みの症状を改善させるにために必須になります。

コンピューターによる目の酷使は、大脳を疲労させ、光の調節機能が低下し呼吸不足によって頭部熱感を引き起こします。それにより眼精疲労、ふらつき、めまい、不眠症などが引き起こされます。
  
嗅覚は、「危険な香りがする」「小鼻を膨らます」「鼻につく」などの慣用句があるようにこの世界が危険であると思い込んでいたり、不満な様子を示すときに用いられます。
においに過敏な方は、すべての物事に対して危険と感じて警戒心が強く、不平不満を呈することによって、肉体・思考・感情が緊張し、睡眠の質の低下につながります。

聴覚は、音を感知する器官であるのと同時に、体の平衡感覚をつかさどる器官です。聴覚の乱れは、感性の乱れであり、私たちの体内リズム全体の乱れでもあります。
ちょっとした音が気になって眠れない方は、聴覚が過敏になり緊張している方です。日常生活でも、耳障りな音が気になり、反対に人の声が聞き取りづらいときがあります。
現代では、あらゆる騒音によって肉体・思考・感情が緊張し、睡眠の質の低下が起きています。

私たちの五感は脳へ様々な情報を送っていますが、それはほとんど無意識に行われているため、私たちの体を緊張させるものまで取り込んでしまいます。五感が過敏状態にある方にとっては、とても深刻なことなのです。

特に睡眠時のアイマスク・イヤーマスクは睡眠の質の向上に最適です。

5.思考や感情エネルギーが調整され、変化するためストレスや不安感が軽減されます

「快眠バランス療法」により睡眠・覚醒バランス・五感のバランス・呼吸のリズム・脳脊髄液循環リズムが改善されるため、みなさんの思考・感情エネルギーが変化します。
よって、日常生活や仕事、学校生活において、気持ちの余裕やゆったりした感覚やあわてない感覚が生まれてきます。

私たちの肉体は、私たちが「何を考えて何を信じ、それに対して何を感じているか」に的確に反応をしています。
つまり、「私は病気がちである」「健康について不安である、心配している」という思考・感情で長い間いると、肉体はそのように反応して症状をあらわしてくれます。

実際、私たちの肉体は、私たちの思考や感情エネルギーに、一瞬一瞬反応し、体内ホルモンの分泌さえも瞬間に変化させています。

また思考・感情エネルギーがあらわれる肉体部分を的確に整体・エネルギーワークで施術をするので、心理的ストレスや不安感が軽減されます。

そのような状態は人生を有意義にし、ものの見方や見識を広げ、私たちを新しい体験へと導いてくれます。
気づき、体感の大切さの当院の施術をお受けになった後の変化しうる症状の例を参照してください。
 > 快眠サポートセンターご利用者さまの声・感想

6.体のバランスや自分の体の使い方の癖を知ることで、自己調整法がわかる

継続して実行すれば、症状が必ず変化していくことをご指導します。
しかも肉体だけでなく、思考や感情のエネルギーまで変化を引き起こす自己調整法です。これらを実行するだけでも、症状は好転します。

バランスに良い立ち方・歩き方・座り方、呼吸法、睡眠の質をさらに向上させるためのアファメーション、五感の負担を軽減させる方法、骨盤バンドを巻く適切な位置などをご指導することができます。

7.ケガや、病気になりにくい体になる

睡眠には、①脳の疲労回復 ②細胞の修復・置換 ③免疫機能の回復・維持 ④心理的ストレスの軽減などの役割があります。
  
急性のケガ(スポーツ外傷)やぎっくり腰の方には、睡眠の質の低下が必ず見られます。

「快眠バランス療法」により、睡眠の質が改善すれば、免疫系の改善、心理的ストレスの軽減により急性のケガやぎっくり腰の予防、病気になりにくい体(自然治癒力が働く)になるでしょう。
  

8.睡眠の質を高める各個人に合った「枕の高さ」をご提案します

当院の診断する枕の高さは、「気道の確保」「鼻呼吸」を達成し、睡眠時に無意識の呼吸を深く行なうためのものです。
一般的に言われている、首の形状や肩幅などをもとに計測した枕の高さとは異なります。

ではなぜ、「気道の確保」「鼻呼吸」が必要なのでしょうか?

それは、「気道の確保」「鼻呼吸」を達成し、無意識の呼吸を深く行なうことで眼精疲労やドライアイ、瞳孔反射の鈍り、そして頭部熱感を鎮める睡眠の質の改善に大きく役立つからです。

呼吸の中枢であり生命維持装置である脳幹が、睡眠・覚醒リズムにも大きな影響を与えていることを考えると、無意識の深い呼吸の確保は、睡眠の質の改善に必要不可欠なものであると当院では考えます。
 
私たちは普段の生活において、目を酷使し、頭の中では常に何かを考え集中している時には、目の奥や頭に熱を持ち鼻がつまって口呼吸になっています。
口呼吸は、呼吸が浅い、眠りが浅い、いびきをかく、無呼吸症候群などの要因になります。

睡眠時に、「舌骨と甲状軟骨が水平の位置に保てる高さ」の枕を使用することによって無意識の呼吸を正常な「鼻呼吸」にすることが出来ます。

当院では、ひとりひとりに合った鼻呼吸が出来る「枕の高さ」をご提案し、睡眠の質を改善します。
「枕の高さ」の検査については何なりとご相談ください。「快眠バランス療法」をお受けになる方は無料で診断させていただきます。

※この枕の使用は、当院院長の修業先の東京・立川のTH整骨整体院(TH東洋総合治療センター)の許可をいただいております。

Copyright(c) 2012- 快眠サポートセンター (あき整骨院) All Rights Reserved. | work by ティーズ・クルー