院長のご紹介

院長 塚田彰利 プロフィール

氏名
塚田 彰利 (つかだ あきとし)
生年月日
昭和48年5月29日 ふたご座
血液型
A型
出身地
長野県千曲市
学歴
平成9年  明治学院大学経済学部卒
平成13年 日体柔整専門学校卒
資格
平成13年  柔道整復師免許取得(国家資格)
職歴
平成11年  横浜・元石川接骨院勤務
平成13年  千葉・福住医院 整形外科勤務
平成14年  立川・TH整骨・整体院勤務(現TH東洋総合治療センター
平成18年  新宿・天十字グループ勤務
平成19年3月  千曲市内川にみやさか接骨院開業
平成24年5月  みやさか接骨院内 快眠サポートセンター開設
平成25年11月  みやさか接骨院を転院の為、閉院
平成26年1月  あき整骨院を長野市青木島に開院
家族
妻 (平成23年6月結婚し、姓が宮坂から塚田に変わりました。)
趣味
読書、野球、ハワイアンミュージック、ウォーキング、お笑いライブ鑑賞、内観
好きなテレビ
アメリカンアイドル、ウォーキングデッド
好きなもの
ハワイ、ゆったりしたもの
好きな言葉
変容、成長、創造性
「問題は外ではなく内にある」、「思考は現実化する」

自己紹介(マイストーリー)

院長 塚田彰利みなさん、こんにちは。あき整骨院内 快眠サポートセンター 院長の塚田 彰利と申します。
みやさか接骨院として千曲市内川に開業し6年半、そして平成26年にあき整骨院として長野市青木島に開院いたしました。

私は、千曲市で育ちました。
両親、兄、祖父母(祖父99才、祖母96歳)、そして私です。
祖父母は、2人で兄の家の2世帯住宅に住み、すべて自分たちでやりくりして生活しています。
この年まで元気でいてくれることは、私たち家族にとって本当にありがたいことです。

また私の仕事を助けてくれる両親、このホームページを作成してくれた兄に感謝します。

体や精神

私がこの仕事に就くきっかけは、私の体や精神に対しての疑問でした。
なぜ睡眠がとれないのか? なぜ体が思うように動かないのか? なぜ集中力がないのか?
なぜ心配ばかりしているのか? なぜ怒ってばかりいるのか? なぜ、なぜ・・・・・・・

思えば、学生時代からいつもこんなことを考えていました。
そうです。私は不眠症でした。睡眠に対してコンプレックスを持っていたのです。
ごく稀に眠れたときは、気分爽快で体もよく動き、心配やイライラはどこかに消えていました。
だから私の体調や精神がすぐれないのは、睡眠不足だと完全に思っていました。
睡眠がとれるかとれないかで明日が決まると本気で考えていました。

喜びと挫折

大学卒業後、一般の会社に営業マンとして就職しました。
販売していたのは、当院にも置いてある厚生労働省認可の高流高圧電位治療器。9000ボルトの電流を体に流し、新陳代謝を活発にし、不眠症・肩こり・頭痛・便秘を改善させる治療器です。
この治療器に毎日かかりながら仕事をしていた私は、なんと睡眠がとてもよく取れるようになったのです。
朝まで夢も見ず、ぐっする眠れることができたのはこの時が初めてでした。

睡眠がとれるようになってよかったのですが、入社6ヶ月でクビになってしまいました。

柔道整復師の学校

もともと自分の肉体の不調や精神的ストレスについて勉強したいという思いがあった私は、退職した1か月後の柔道整復師の専門学校の試験に運よく合格し、平成11年日体柔整専門学校に入学しました。
それから3年間は、昼は接骨院での研修、夕方から専門学校に通う毎日を過ごしました。

運命を変えたTH整骨・整体院での研修

元石川接骨院では、接骨院業務(マッサージや包帯の巻き方、骨折・脱臼の整復など)を一から教えていただきました。福住医院では、主に骨折や脱臼など手術を要するような重度の外傷を勉強させていただきました。
この2つの勤務で、ともに働いた同僚や先輩方のおかげで柔道整復師としての基礎ができたと思います。
本当に感謝しています。

その後のTH整骨整体院での研修は、私の人生を大きく変えました。
それまでの私は、治療の知識や治療法が確立しておらず、どこか欲求不満なところがあり、
「どうにかしてさまざまな症状の原因がわからないものか、原因がわかれば、暗中模索の中、治療することから脱することができるのではないか?」と考えていました。
この目的にあったところが、TH整骨整体院でした。

最初に面接したとき、院長からこのように言われました。
「腰痛といってもその原因は様々。胃腸バランスによるもの、胆のうバランスによるもの、風邪によるもの骨盤や筋肉や脊柱それぞれに原因があるもの、不眠や思考や感情など心理的ストレスや自律神経に原因があるものがある」
と言われた私は、
「それを全部診断できるのですか?」
と聞きました。
院長は「診断できなかったら、治療ができないだろ」と言われました。

快眠バランス療法の基礎

TH整骨整体院では、原因の診断法と整体による施術法を学びました。
骨盤バランスの診断、思考・感情エネルギーの診断・内臓負担の診断、睡眠バランスの診断、呼吸の診断、季節ごとの体の診断、風邪の診断、五感の診断などを学びました。
しかもこれらは独立したものではなく、東洋医学的に体系づけて診断をするので、メインの根本原因にたどり着くのです。
またこの診断をしたものを、カイロプラクティック・整体による頸椎矯正、骨盤矯正、頭蓋骨の矯正による脳内リズムの調整などの整体の技術によって施術する方法も学びました。

私は、無問診で診断することを目標にしています。もちろん患者さんから問診はさせていただきますが、体を診て思考や感情などの不可視部分あるいはどのような症状を持っているかまで診断できる、ということが私の強みだと自負しています。

今こうして開業できたのもTH整体院の外山哲也先生及び先輩方のご指導があったからだと思い、深く感謝しております。
私は今もTH整体院の勉強会に参加させていただいていますが、TH整体院は今も進化を続けており、私も一層の努力を重ねていきたいと思っております。

癒しとは

癒しには鉄則があります。治療者が癒されていないと、患者さんは癒されません。癒されるべきは両者なのです。
私は、自分を癒すためにこの職業に就いたのだと確信しています。
これは自己中心的な考えとは違います。
私たち人間は、自分を癒し、不安や心配、怒りや罪悪感などの感情を受容し手放して、安心感・充実感・喜びそして創造性を発揮して人生を送るように仕向けられています。

2012年以降、宇宙全体のエネルギーが変化・変容します。
今までに時代を象徴する、自己犠牲・自己批判・自尊心の欠如は、私たちの健康や人生に役立つことは一切ありません。
どうかみなさん自分のため、家族のため、ご近所さんのため、日本のため、世界のため、地球のため、宇宙のために自分自身を大切にし、癒してください。
これが最高のエコロジーです。

みなさんの肉体・思考・感情を癒すことは、みなさんの人生の変化・変容・発展の機会であり、みなさんのお役に立てると思っております。

目指すところ

あき整骨院内 快眠サポートセンター「快眠バランス療法」は、地域のみなさんの睡眠の質の改善・向上を目標に、みなさんに長期的な満足、長期的な安心感を提供するべく、その分野において質・実力とともに地域一番を目指し、更なる技術、サービスの向上に努めてまいります。
どうぞ末永くご愛顧よろしくお願いいたします。

院長 塚田 彰利

Copyright(c) 2012- 快眠サポートセンター (あき整骨院) All Rights Reserved. | work by ティーズ・クルー