不眠症の原因に関する当院の考え

当院では、不眠の状態を前頭骨(前頭葉)で診断します。
睡眠のリズムは、頭の骨(頭蓋骨)のバランスにあらわれます。
つまり、脳内の睡眠と覚醒のリズムの乱れが、睡眠の質を低下させる状態を作り出しているのです。

では脳内の睡眠・覚醒リズムを乱す原因は何でしょうか? (生活習慣や睡眠環境以外)
答えは、「人の数だけある。」 ふざけているわけではありません。本当にそうなのです。

私たちは、明日の仕事や日常生活の心配をすることで睡眠の質を低下させます。
  ひとりきりの夜を怖がることで。
  過去の出来事を考え、怒りや後悔、罪悪感を感じることで。
  スポーツでかかとを痛め、かばって歩いて体のバランスを乱すことで。
  寒いと体を丸めて息を止めることで。
  学校や仕事で必要以上に気を使うことで。
  集中してパソコンを使用し目を酷使することで。
  音がうるさい所や、においがきつい所で仕事をすることで。
・・・・・・・・・・・・・きりがありません。

上記の項目の中には共通点があります。お分かりになりますか?

 ① 否定的な思考 (考え・信念・観念) 
 ② 否定的な感情 (気持ち・気分)
 ③ 呼吸が浅い状態 
 ④ 身体バランスの乱れ (骨盤バランスの乱れ・緊張状態)
 ⑤ 五感の過敏状態 (触覚・視覚・聴覚・嗅覚・味覚)

当院では、生活習慣(ライフスタイル)・睡眠環境の乱れによる睡眠の質の低下以外の理由として、上記の5項目を脳内睡眠・覚醒リズムが乱れる主な理由であると考えます。

特に五感の過敏による睡眠の質の低下は、みなさんには認識しづらく、不眠症だけでなくあらゆる症状に大きな影響があり、当院では五感の過敏の調整を重要視しています。

当院では、多種多様なみなさんの症状を解決すべく、根本原因を究明し、肉体・思考・感情だけでなく生活習慣や睡眠環境のアドバイスも含めて総合的にご支援します。

生活習慣と睡眠環境

人間には、質の良い睡眠をとるための生活のリズムや睡眠に適した環境が存在します。
それを理解していただき、日常生活に取り入れていただくだけでも、睡眠の質の改善します。

五感の過敏とは

五感の調整によって、睡眠の質が改善されるだけでなく、日常生活での気分や感情まで変化し、リラックスした人間関係さえも築くことができるでしょう。

五感とは、目・耳・鼻・舌・皮膚から感じとる外界の情報(光色・音・におい・味・触覚)を、私たちの脳へ伝えて思考や感情エネルギーに変換する情報収集器官です。

五感が過敏になる理由として、コンピューターによる目の酷使(光色)やテレビ、音楽、街の騒音、日常生活上の様々なにおい、多様な食品のなかにある添加物、エアコンによる温度調節の難しさ、など五感にとっては24時間休むことを許してくれない環境になっています。

五感からの刺激は、最初は違和感があっても、徐々に順応するようにできています。

ゆえに、五感からの様々な刺激が当たり前のようになり、私たちの思考や感情に影響し、自律神経のバランスの乱れや睡眠の質の低下につながっていることはあまり認識されていません。

思考や感情に影響がある例として、耳障りな音や嫌いな人の声を聞いたり、きついにおいをかぐと嫌悪感を感じて気分が悪くなり緊張します。
反対に嫌悪感や不安感などの感情を持っているために耳や鼻が過敏になることもあります。

当院では、「快眠バランス療法」により、みなさんの五感の負担を判別し、五感のバランスを調整するとともに、睡眠時の過剰な光や音の波動を防御し、ひとりひとり生まれながらに持つ生体リズムを取り戻すためのアイマスクやイヤーマスクをご用意して、みなさんの睡眠の質を更に向上させ、お役にたてるようにお待ちしています。
Copyright(c) 2012- 快眠サポートセンター (あき整骨院) All Rights Reserved. | work by ティーズ・クルー